徒然日記
何かあったこととかヲタクトークとか。 やや暴走気味なので十分お気を付けを。 トークに参加、全然OKむしろ語ってチョーダイ!!
プロフィール

豆蔵

  • Author:豆蔵
  • ネズミでもウサギでもありません。チンチラです。げっ歯類です。
    手ブロ始めました。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はいたい!豆蔵です。
昨日はお久しぶりの比嘉Mと言う名の四天Mでした(笑)
ご存知の通り、ここのところ自分自身が四天にはまっていて、ユウジや小春
ちゃんにぞっこんである上に、冥王さまとも小春ちゃんの男らしさについてメール
などで語っていた為、完全なる四天Mでした(爆笑)約10時間ほど一緒にいた
訳ですが、ずーーーーーーーっと語りっぱなし。語りに集中しすぎて食事すら
もう何食べたか分からない状態。
むしろ…
時間が足りない…ッ!!!!
まだまだ語り足りない…!!!(どれだけ語る気だ)
なんつーか…今日の会話のほとんどがコハユウ語りだったと言う夢のような
時間…!!本気で楽しかった!!あああまさに時間が止まればいいと思いました
とも!冥王さま、本気でありがとう!!生きる活力になるよマジで!!!
で、冥王さまと語る時は大体キャラの考察が多い訳ですが、今回も例に漏れず
まだ固まりきれてないユウジや小春ちゃんについて、色々お知恵を頂きました。
まずユウジ。ユウジについては自分の希望が割と多いんですが、外見は結構
男前だと思います。2枚目系?普通にもてる感じだと思います。けども、笑ったら
可愛い…と、これはまんま良くんな訳ですが(汗)ユウジはほんとに良くんの影響
が凄いです(笑)基本、お笑い好きでみんなを笑わせるのが大好き。普段はそう
感じさせないんですが、実は甘えたさん。けども、甘えるのは自分の好きな人
(小春ちゃん)だけ。裕次郎みたいに誰にでも甘えるって訳ではないです。小春
ちゃん以外には結構クールなのかも知れません。面白いことはしますけども。
でやっぱりユウジと言えば、好きな人間(小春ちゃん)への異常な執着心と独占欲。
ギャグ設定だったら、おいしいし笑って済ませられるんですが、シリアスだと
ちょっと笑えないですよねぇ(笑)冥王さまと、小春ちゃんが浮気とか、ちょっとでも
自分から距離置こうとしたら、絶対ストーキングするよなぁ!って話してたら、
今、壁から覗いてるユウジが見えた!!
つか、ユウジこっち見てる…!!!!!!
ぎゃーーー!!逃げて!!超逃げて!!!!!
と2人で思わず声を揃えてしまいました(爆笑)いえね、ほんとにやりそうだから
…ガクブル で、なぜそんなに好きなものに執着するのかと考えたんですが、
まぁ対小春ちゃんの場合はきっとこれがユウジの初恋だからだろうってのも
あるんだと思うんですが、きっと幼い時に何かトラウマがあるんだろう、と。
えーと、全て妄想なんですけども、ユウジは幼い頃に実母と死別しててですね、
今の母は再婚の母なんです。今の母も勿論好きだし、家族とは上手くいってます。
けども、実母は凄くユウジを可愛がってて、ユウジもほんとに実母が好きで、
でもその大好きな人が急にいなくなって、幼いなりに凄い喪失感を味わった訳です。
それが自分でも分からない内に心の奥でトラウマになってて、もう自分の好きな
ものを失いたくない→ずっと側においときたい、ってので小春ちゃんや自分の好きな
ものに異常な執着心をみせるんじゃないかと。で、一番愛情が欲しい時期に、十分
な愛情が貰えなかった(足りなかった)ので、愛に飢えてるから自分も相手を凄く
愛するし、愛されたいって欲求が人一倍あるんじゃないかなぁと。
好きなものを手に入れても、いつか無くなるんじゃないか、と手に入れたら手に
入れたで、別の不安があるといい。だから、ちゃんと愛されてるんだけども何故か
満たされなくて、愛を求め続ける、と。ユウジの愛は本当に重いといいです。
なんかちょっとダークなんですが(笑)
そして小春ちゃん。小春ちゃん家はすっごい金持ちだといいです。本当は雲雀ヶ丘
みたいな高級住宅地とかにお屋敷みたいな本宅があるんですが、父の仕事の
都合で大阪市近郊の別宅(高級高層マンション)に住んでるといいです。
部屋とかも凄く広くて綺麗でセキュリティも万全、庶民のユウジから見ると
別宅でも物凄い豪邸です。小春ちゃん家に行く度に驚いてるといいです。
そして小春ちゃんは所作が凄く美しいといい。勿論字も綺麗です。年賀状の宛名
も達筆すぎて分からないぐらいです。で、小春ちゃんは姉がいるという事なので、
一人っ子として考えていた設定をちょっと変えてみます。小春母は良家のお嬢様
で、日舞・お花・お茶・書道…というお嬢様必須習い事は全てマスターしています。
で、自分の娘にもちゃんとしたお嬢様教育を施したいんで、姉に習わせる訳です。
それを見てた小春ちゃん、自分もやりたい!と言って、姉と一緒にやるんですけども
それが女の子以上に上達が早い。いつの間にか全てマスターしてて、そのせいか
男の子なのに凄く女らしい美しい仕草だとか、物腰だとかを身につけてたらいいです。
もともと性格が中性的な優しい子だから、そう言うのが凄く合ってたんだと思います。
小学生の頃はそんな女っぽいところをいじめられそうですが、頭の良い小春ちゃん、
それを自分のキャラにして笑いに変えることを思いついて、現在に至るといい。
急に男っぽくなるのも、全て計算。でも基本は男の子です。物腰や言い方は
柔らかいし、優しげなんですが、確固たる自分の意思というものを持っていて
女っぽいけれど、四天の中で一番の漢(おとこ)だったらいいです。
弁もたつし、ここぞと言う時の判断力とか、勇気なんてものも持ってると思います。
ある意味パーフェクトかも知れません(笑)
オカマキャラだけど、決してゲイな訳ではないです。ちゃんと女の子が好きです。
そして小春ちゃんは手が綺麗だといい。結構大きい手をしてるんですが、指とか
すっと長くて、筋が浮く感じの手だといいです。
性格なんですけど、みんなに均等に優しいといいです。けれど、みんなに優しいと
言う事は、誰にも心を開かないって事で、本当は誰にも優しくないといいです。
ユウジと違って、人間関係に淡白なんでしょうか。当たり障りなく人付き合いする
ことが一番いいんじゃないかと思ってる感じですかね。キャラでは始終ラブオーラ
出してますけども、実際はそんなに恋愛に興味がないと思います。かといって人を
好きにならないことはないですよ?その沸点が高いだけで。だから、ユウジは初恋
の相手だといいです。小春ちゃんの心を本当の意味で開かせるのは至難の業っぽ
いです。ユウジと恋人として付き合おうと言う最終判断も、結局は小春ちゃんの
根負けだと思います。(しかしこの時点では両思い)ユウジはユウジで諦めるって
ことを知らないと言うか、そもそもそんな選択肢は無いんで。色々考えたんですが、
シリアス設定にするとすっごいどろどろした感じになってしまいます。
が、自分自身ライトなラブラブ且つ超切ないのが好きなんで、そう言うのをこれからも
もりもり書いていく予定です。ユウジには少し自重してもらいます(笑)
ほっといたら本当にヤバい子になってしまうんで…
ユウジは 可 愛 い 子 で す か ら!
が、ほんとにノーフューチャーでダークすぎて、これ一体何て言うニトロのゲーム?
みたいな設定の話に2人で凄く盛り上がって、こんなダークな話は苦手なはず
なのに、切なすぎて本気で泣けてくるネタが出来上がったので、設定だけでも
少し語ろうかと思います。いずれ作品にするかもなんで、少しだけですけども。
と言いつつ、今日は長くなったのでまた後日(笑)
冥王さま、昨日は本当にありがとうありがとう!!!!楽しすぎた!!

前回の日記より、web拍手ありがとうございました!!
そしてテニス側に 3/6・3/7 メッセージありがとうございました!!
以下お返事↓




3/6 0:43 メッセージ頂いた方>
Pink Prisonerに反応して頂けるとは思ってもみなかったので、びっくりしつつ
かなり嬉しいです!!ありがとうございます!!
同世代の方がいらしてくださったなんて…本当に感激です!
私は当時彼らが大好きで、特に初期のアルバムが好きだったのでPink Prisoner
はじめ、ガンガンに聞きまくっていたのを思い出します(笑)
最近彼らが再結成して、久しぶりに昔のアルバムを聞いて当時を思い出しつつ
創作していました。歌詞の内容とは少し違いますが、Pink Prisonerと言う言葉の
雰囲気がすごくコハユウっぽいなぁと思ってタイトルにしました。
もう少しで彼らのツアーが始まりますが、チケット取りに色々東奔西走したのですが
結局取れずじまいで…(泣)泣き寝入りしかないかな…と思っています(笑)
コハユウ小説やマンガ、まだまだ書きたいものが沢山あるので、随時更新して
いきたいと思っていますので、また遊びに来て頂けると本当に嬉しいです!
ありがとうございます!頑張ります!
メッセージありがとうございました!!!

ハル様>
初めまして!
コハユウ小説のご感想、ありがとうございます!!私の妄想だらけの小説を
気に入って下さって本当に嬉しいです!私も基本、すれ違いなどの切ない話が
大好きなので、その部分に共感して頂けて、凄く嬉しいです!
創作する更なる活力になります、ありがとうございます!!
私の考えるコハユウは、結局はくっつくんですけれど、その過程が悲恋のような
とても切ない感じだと思うので、そういう小説が書けるよう頑張って行きたいと
思っています。まだまだ書きたいお話がいっぱいありますし、当分コハユウ熱は
醒めないと思いますので、宜しければ是非、また覗きに来て頂けると本当に
嬉しいです!
メッセージありがとうございました!!


この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。