徒然日記
何かあったこととかヲタクトークとか。 やや暴走気味なので十分お気を付けを。 トークに参加、全然OKむしろ語ってチョーダイ!!
プロフィール

豆蔵

  • Author:豆蔵
  • ネズミでもウサギでもありません。チンチラです。げっ歯類です。
    手ブロ始めました。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.03.11_23:07
はいたい!豆蔵です。会社のパソコンのパスワードは、ひとうじゆうじ、です。
ばれたら死ぬしかない(爆笑)
つう訳で、前回の日記の続きのコハユウカプ語りです。
自分の設定では、コハユウは紆余曲折はあるんですが、結局は小春ちゃんが
折れて、晴れて恋人同士になる訳ですが、付き合った以降小春ちゃんがユウジと
どういう付き合い方をするかで将来?が白か黒か決まってくると思うんですよ。
ユウジはあの通り独占欲と執着心の塊でしょ?それは子供の頃のトラウマが
要因な訳で、要するにユウジの中の子供の部分だと思うんです。
この部分をどう抑制させるか、小春ちゃんがユウジをどう大人にしてあげるかが
問題となってくる訳です。度が過ぎた独占欲以外はユウジもちゃんと大人な対応
というか、考え方が出来るんですよ?でも、自分の好きなもののことになると、
とたんにこの子供の部分が出てくる。自分のものにしたくてたまらないんです。
でも、いざ自分のものにしても、次は無くならないかが心配なんですよ。
だから束縛する。その辺をどうしてあげるかが小春ちゃんの手腕にかかっています。
上手くユウジに教えてあげられると、ユウジも自分のこの気持ちを理解して、
精神共に大人に成長できて、いちゃいちゃラブラブな生活が待っている訳なんです
けども、教えられなかった場合、かなり酷いことになると思います。
でも2人とも愛し合ってるし、ある意味完全な2人の世界を築けるんで、こちらも
幸せな事は幸せなんです。言うなれば、究極の愛。純粋に愛し合っているからこそ
到達できる、愛の境地。これ以上の愛情はないと思います。
互いの為にどこまで堕ちることができるか、どこまで貪欲に求めることができるのか。
それが例え人道的にタブーなことであっても、互いに許し合え、相手に捧げることが
できるのか。純粋な想いだからこそ、いともたやすく狂気に変わるんです。
愛するが故の狂気…醜ければ醜いほど美しい。
いずれ近いうちに書くんで、詳しくは書かないでおきます。つかこんなとこに
書けないです、ダークすぎて(笑)
色々プロットを考えてると、あまりの病みっぷりにほんとに気が滅入ってきたん
ですが、なんだかどんどん書きたくなってきました(笑)今の段階では、色んな
人道的タブーを盛り込みすぎて、25禁ぐらいの感じになりそうです(爆笑)
ストーカーなんて可愛いもんですよ(笑)自分、もともとこんなダーク過ぎる話は
好きじゃないんですが、何故かこれは激しく萌える(笑)ダークですけど、これも
一つの愛の形なんですよ(と言ってみる)まぁ、好き嫌いは激しく分かれると思うし、
全く需要はないと思うんですが、いずれ書こうと思います。暫くしたら、コハユウ
長編連載をしようと思ってるんで(こっちはライトな切ない系)その話の分岐とか
そんな感じで。ダークな話はきっとこれしか書かないと思います。
しかしこの話、誰が一番気の毒かって、蔵りんなんですよね(爆笑)蔵りん、
本当に可哀相(爆笑)ああなんだか今の所、コハユウはダークな感じにいきがち
なんですが、軌道修正してラブラブな切ないのを書きます(笑)
冥王さまと語って、自分がどれだけコハユウを愛してるか、再確認しました。
よ~し!書くぞう!!!!!!って、早く凛誕を…(爆死)
甲斐凛も書きたいし、コハユウイラも描きたいし、フィギュアも作らねば…
ほんとにやりたい事てんこ盛りで困ります。

前回の日記以降、web拍手ありがとうございました♪
メッセージもありがとうございます♪
以下お返事↓






ハル様>
こんばんわ!
何度もこちらへ足を運んで下さっているとのことで、本当に嬉しいです!
ありがとうございます!!
そんなに気に入って下さるなんて、嬉しいやら恐縮するやら…(笑)
ありがとうございます!本当に創作する活力になります、頑張ります!
作品の感想もありがとうございました!共感して頂けて嬉しいです!
日記でも語っていますけれど、ユウジの愛は凄く重いと思うんです。
自分が愛しすぎるから、自分もそれと同等の愛が欲しい。愛されているのは
分かるけれど、それだけでは足りない。だから、もっと分かり易い形で愛を
与えて欲しいし、愛したい。ユウジは本当に愛に貪欲なんだと思います。
これを突き詰めていくと、だいぶダークな話になるので、ユウジには少し
自重してもらって、また新たな切ないすれ違い系の話や、バカップルで甘い話
などを書いていこうと思っています。
近々、コハユウの馴れ初めからの長編連載をスタートしようと思っていますので
是非、また覗いて頂けると嬉しいです。
私の駄文を待っていて下さる方がいらっしゃると言うのは、とても活力になります!
明日からまた新たな気持ちで、創作活動を頑張れます。
温かいお言葉の数々、本当にありがとうございました!




この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。